ほうれい線をスッキリできる名古屋の美容外科クリニック

年齢を重ねるごとに顔に刻まれていくシワ。

中でも特に目立つのはほうれい線ではないでしょうか。
最近ではスマホが原因で10代・20代でもほうれい線が目立つ人が増えています。

 

「鏡を見るたび気になって仕方ない」
「久しぶりに写真を撮ったらほうれい線がクッキリ!」
といった経験をされた方は少なくないでしょう。
ほうれい線があるだけでで5〜10歳は老けて見えてしまうものです。

 

エイジングケアの化粧品やマッサージは効果を実感するまでに時間がかかります。
途中で面倒になってしまうことも多いですよね。

 

「時間をかけずにこのほうれい線を消したい!」

 

それなら美容外科クリニックで受けられるヒアルロン酸注入はいかがでしょうか。

 

美容外科や整形というと大掛かりな手術を思い浮かべる人が多いと思いますが、ヒアルロン酸注入は「プチ整形」と呼ばれ、5〜10分ととても短時間で終わってしまいます。

 

この記事では名古屋でほうれい線の治療が美容外科クリニックをご紹介。
ヒアルロン酸注入についての情報や注意点、ヒアルロン酸注入以外の方法もまとめてありますので参考にしてください。

ヒアルロン酸によるほうれい線治療

ヒアルロン酸注入でほうれい線を消すことのメリットはこのようのものがあります。

  • 注入する時間は5〜10分ほど、短時間でできる
  • 腫れたりしないので注入後すぐいつも通りに生活できる
  • 注入後すぐに効果を実感できる
  • 元々ヒトの体内にある成分なのでアレルギー反応が起きにくい
  • 保水力があるので美肌効果が期待できる
  •  

    ほうれい線ができて凹んだ部分にジェル状のヒアルロン酸を注入することで皮膚を押し上げ、ほうれい線を消します。

    出典:水の森美容外科

     

    注射を打つだけなので傷跡は目立ちません。
    しかし針を刺した場所は少し内出血が起こることがあります。
    これはしばらくすれば自然に消えてしまいますし、メイクで十分隠せる程度のものです。
    気になる場合はマスクをしておくといいでしょう。

     

    施術後はすぐにいつも通りの生活を送ることができますし、メイクも可能です。
    しかし飲酒や喫煙、激しい運動を当日にするのは避けましょう。

     

    ヒアルロン酸は時間が経つとゆっくり体に吸収され、打った全量が吸収されるまで1年くらいです。
    もし仕上がりが希望に沿わなくても、時間が経てば元に戻ります。
    今すぐ元に戻したい!と言う時はヒアルロン酸溶解注射という、ヒアルロン酸を体に吸収しやすくしてくれる薬剤があるので修正も可能です。
    ※しかし溶解注射はアレルギー反応が出る方もいるため、使えない場合があります。

     

     

    ヒアルロン酸に似た「レディエッセ」という薬剤を注入する治療があります。
    ヒアルロン酸より効果が長持ちすると言われていて、こちらを選ぶ人もいるようです。
    しかしこのレディエッセには溶解注射がありません。
    もし入れすぎたり失敗した場合は切開して取り出す必要があるので注意してください。

    名古屋でほうれい線治療をしているクリニック

    品川美容外科

    プチしわ取り

    初回限定
    片側1,004円(930円+税)
    両側1,987円(1,840円+税)

    高純度ヒアルロン酸

    レスレチン

    38,880円(36,000円+税)
    高純度ヒアルロン酸

    パーレン

    1cc

    51,840円(48,000円+税)

    ジュビダームビスタ

    ウルトラ

    8cc
    30,240円(28,000円+税)

    ヒアルロン酸は注入部位に合わせて選択できるように数種類用意されています。
    ほとんどのスタッフが施術を受けた経験を持っているので、リアルな体験談を聞くことができますよ。

     

    品川美容外科 名古屋院

    名古屋市中村区名駅3-20-1 サンシャイン名駅ビル5F
    【アクセス】JR名古屋駅 「桜通り口」徒歩約10分
    市営地下鉄桜通線国際センター駅 「出口1番」徒歩約1分
    【診療時間】10〜19時

     

     

    湘南美容クリニック

    CRMジェル 19,800円(税込)
    DANAE(ダナエ)

    LINE

    通常価格
    52,920円(税込)
    モニター価格
    39,800円(税込)
    ジュビダームビスタ

    ウルトラプラスXC

    1本1cc
    50,000円(税込)
    ジュビダーム
    ボリューマ
    1cc
    98,000円(税込)

    名古屋院、名古屋栄院ともに女性ドクターが在籍しているので、男性医師だと相談しづらいと言う人でも安心です。
    若返り治療を受けたスタッフもいるので、体験談や術後の過ごし方など詳しく聞くことができます。
    カウンセリングに訪れた際に質問してみてはいかがでしょうか。

     

    湘南美容クリニック 名古屋院

    名古屋市中村区名駅3丁目26-8 KDX名古屋駅前ビル 12階
    【アクセス】名古屋駅より徒歩3分 ユニモール4番出口すぐ
    【診療時間】10〜19時

     

    湘南美容クリニック 名古屋栄院

    名古屋市中区錦3丁目16-27 栄パークサイドプレイス6階
    【アクセス】市営地下鉄栄駅2番出口 徒歩1分
    【診療時間】9〜18時

     

     

    聖心美容クリニック

    ジュビダーム・

    ビスタウルトラXC

     

    ジュビダーム・

    ビスタウルトラプラスXC

     

    1部位 1回 1ml
    70,200円(税込)

    新しい施術方法を積極的に取り入れています。
    選択の幅が広いので、自分にとって最善の治療を見つけられるでしょう。
    プライバシーには特に配慮しており、他の患者さんに会いたくない、顔を合わせたくないという方も安心です。

     

    聖心美容クリニック 名古屋院

    名古屋市西区牛島町6-24 アクロスキューブ名古屋5F
    【アクセス】名古屋駅より徒歩4分
    【診療時間】10〜19時

     

     

    水の森美容外科

    ジュビダーム・

    ウルトラプラス

    1cc
    54,000円(50,000円+税)

    ジュビダーム・

    ボリューマ

    1cc
    86,400円(80,000円+税)

    ※ほうれい線両側への施術代金別途3,240円(3,000円+税)が必要

     

    こちらのクリニックは独自のヒアルロン酸注入法を採用しています。
    硬さのあるヒアルロン酸を使うことで効果があまりない、すぐ効果がなくなるといったトラブルを避け、さらに真皮の深い部分に注入するので皮膚に凸凹ができません。
    線ではなく面状にボリュームを出すことで自然な仕上がりにすることができ、満足度が高い治療となっています。

     

    水の森美容外科 名古屋院

    名古屋市中区栄3-6-20 辰晃ビル5F
    【アクセス】市営地下鉄 栄駅・名鉄瀬戸線 栄町駅 約徒歩5分
    【診療時間】10〜19時

     

     

    中央クリニック

    ヒアルロン酸

    1cc
    86,400円(80,000円+税)

    様々なメニューが用意されているので、どんな悩みにもしっかり対応してくれます。
    手術は経験豊富なベテラン医師が担当しており、アフターケアにも重点を置いているの安心です。

     

    中央クリニック 名古屋院

    名古屋市中村区椿町18-22 ロ−タスビル2F(1Fミニミニ)
    【アクセス】JR名古屋駅 新幹線口より南へ徒歩2分
    【診療時間】10〜18時

     

    ほうれい線にヒアルロン酸注入する時の注意

    永久的な効果はない

    時間が経ってヒアルロン酸が体に吸収されてしまえばほうれい線は元に戻ってしまいます。
    全て吸収されるまでには半年から1年くらいですが、見た目の効果は1〜3ヵ月くらいの様です。
    効果を保ち続けるには定期的(約3ヵ月に1度くらい)にヒアルロン酸を注入する必要があります。

     

    他にも注入後にマッサージをすることでヒアルロン酸の吸収を速めてしまいます
    メイクや洗顔は治療当日からできるのですが、触りすぎは形が崩れる原因の一つです。
    注入した部分には触れないように気を付ける必要があります。

     

    しこりのようなものができることがある

    ヒアルロン酸は体に吸収されるものですが、吸収される速さは場所によって差が生まれます。
    そのため一部残ったままで再度注入をすると、時にはしこりができてしまうこともあるんです。

     

    純粋なヒアルロン酸を使っていない場合ということも考えられます。
    ヒアルロン酸に添加物が入っていると、その添加物は体に吸収されず残ってしまうのです。
    極端に低価格だと質の悪いものの場合がありますので注意しましょう。

     

    アレルギー反応が起きる可能性がある

    ヒアルロン酸はアレルギーが起こらないと言われていますが、それはあくまでヒアルロン酸100%のものという前提です。
    添加物が含まれたものはアレルギー反応が出る危険性もあります。
    美容成分や安定剤と言った単体では問題がないものも、混ぜ合わされることで化学反応が起こり、アレルギーが起こることもあります。

     

    医師の腕前次第で仕上がりに差ができる

    注射というと医師なら誰でも簡単にできるように思えます。
    でも実は医師の経験や知識など技術力がとても大きく関わってくるんです。

     

    もしも技術が不足している医師が注入した場合、

    • ヒアルロン酸を入れすぎる(または足りない)
    • 左右が対象になっていない
    • 凸凹ができる
    • 一カ所に集中して注入してしまい、しこりができやすくなる

    など…様々な問題が起こります。
    追加注入や溶解注射を使うことで修正することは可能とはいえ、誰だって失敗はしたくないものです。

     

    • 血管に注入してしまい皮膚が壊死する

    中にはこのような重篤な失敗例もあるので油断できません。

     

    公式サイトには手掛けた症例の写真が載せられています。
    経験豊富で自然な仕上がりにしてくれる医師を見つける手掛かりとなるでしょう。
    複数のクリニックを比較して、医師選びは慎重にしてください。

    ヒアルロン酸以外のほうれい線治療法

    脂肪注入

    自分の体から採取した脂肪を注入する方法です。
    一部吸収されるものの脂肪は打った場所に定着します。
    そのためヒアルロン酸に比べると半永久的に効果が持続するのがメリットです。
    何度も注射を受ける必要がないのですが、失敗した場合の修正は難しいというデメリットがあります。

     

    高周波治療

    高周波RF(ラジオ波)と呼ばれるものを肌に照射して、コラーゲンを生成する働きのある線維芽細胞を活性化します。
    新しいコラーゲンを生み出すサポートをすることで、肌の新陳代謝を上げる効果が期待できる治療法です。

    • 半年に一度、継続して治療を受けなければいけない
    • 治療費が高額である

    残念ながら負担がかなり大きいのがデメリットといえます。

     

    スレッドリフト

    頬に糸を挿入して引っ張り上げることでほうれい線を解消する方法です。
    糸を入れるために小さな穴が開きますが、切開することはありません。
    手術時間も30分くらいとそれほど長くもないので患者さんの負担は少なめです。

     

    1年半〜2年くらいで糸は体に吸収されてしまい、3年で効果はなくなってしまいます。
    維持するためには再手術の必要があります。

     

    フェイスリフト

    耳のあたりを切開し、皮膚の奥にある筋膜と呼ばれる部分を引き上げる方法です。
    これまでに紹介した整形手術の中では金銭的にも体にも負担の大きくなります。
    しかし一度受ければ10年は維持できるのがメリットです。
    傷跡ができるものの、場所や医師の技術によりかなり目立たなくなります。